50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

【潜入ルポ】あの超人気スポットに!

こんにちは。バーチャルランニングレポーターの仮走 蘭です。

昨日は都心の超人気ランニングスポットに潜入して来ましたので、そのレポートをお伝えします。

 

都心の超人気ランニングスポットと言えば、そう、もちろん、皇居です。

日々、数多のリアルランナーが集い、走るというあの場所に、無謀にもバーチャルランナーである、私、仮走 蘭が紛れ込んで走って来ました。

もう、心臓がバクバクです。

 

実は、一昨日会社帰りに潜入しようと準備して家を出たのですが、怖じ気づき、いや、仕事の都合で行けませんでした。

 

そこで昨日はリベンジを固く心に誓い、家を出ました。一昨日準備した着替え等は会社に置いて来たので、昨日は追加で帽子を通勤バッグ(といってもdeuterのバックパック)に入れました。

f:id:satsuka1:20150724075631j:plain

一昨日までは雨の予報じゃなかったのに、朝起きると雨。予報も午前中降って一旦止み、また、19時頃降る予報だったのです。

出来るだけ早く走って降る前に終わりたいところです。

 

昼休みに購読しているブログを読んでいると、Lisa(id:AAA316jp)さんが、一昨日皇居を走っていたらしい。予定通り一昨日走っていたらお会いしていたかも知れません。もっとも、ブログ上でしか存じ上げないので、お会いしても分からないのですが。

aaa316jp.hatenablog.com

 

元々、今回利用した施設、Raffine Running Styleを知ったのも、Lisaさんのブログ記事でした。

500円でシャワーとロッカーが利用出来て、110円追加すれば、タオルとシューズも借りられる。そして、その施設が自分の通勤路から300m程のところにあるということが分かったので、いつかチャンスがあればと思っていました。

 

ところが、上記のブログでは、

「激混みで外のロッカーしか使えません。」

 と書いてある。

 

え、そんなに混むのか?外のロッカーってどういうことだ?

やっぱり、リアルの世界は大変そうだ。

とりあえず終業と同時に社を出てRaffineに向かいます。場所はあらかじめ地図で確認していました。晴海通りを真っ直ぐ行ってペニンシュラの向かい辺りを目標にずんずん歩いて行きました。

が、ついてみると分からない。あれ?晴海通りには面していないのか?

ビルの側面に回り込むと、看板を発見。さらに裏側に行くと、地下に降りる階段もありました。

f:id:satsuka1:20150724042834j:plain

下に降りると、

f:id:satsuka1:20150724042928j:plain

(今どき珍しいちょっとピンボケ)

そして、扉を開けると、

f:id:satsuka1:20150724043113j:plain

ありました。輝いています。(これもピンが甘いというか、レンズ曇ってた?)

 

そうだ、こんな写真撮ってる場合じゃない。

混んでしまったら、せっかくピンポンダッシュじゃない、ベルサッサ(死語?)で出て来た意味がありません。

 

さっそく、受付に。

私「あの〜、初めてなんですが」

受付のお兄さん(以下、受)「はい、こちらにお名前をカタカナで、その上に電話番号をお書きください」

とカードとサインペンを差し出します。

名前を書くところは分かったが、電話番号はどこに書くんだ?

私「電話番号はどこに書けば?」

受「こちらです」

と示されたのは名前の欄の上にある付箋?だった。その時はハイハイとあまり考えずに書いたが後で考えると、カード上には電話番号は書かないがRaffineの会員台帳(というか顧客データベースか)の方に記載するのでしょう。

でも、身分証明の提示も求められずだし、特に会員規約的なものを書いた紙を渡されたりもしないので、その辺りゆるい感じです。まあ、使うごとに使用料払うのだから実質ビジター利用と変わらないということですね。ただ、帰りに渡されたレシートのようなものをみると、わざわざMyPageまであるようだ。BODY WORK MEMBERS CARDって、裏面見ると、Raffine Running StyleやRaffineだけじゃなく、同じグループの店舗共通のカードのようです。

f:id:satsuka1:20150724045547j:plain

 

あとは、シューズとタオルのセットを借ります。

ここはレンタルシューズが110円なのだが、タオル等他のものをレンタルすればシューズは無料。そして、レンタルタオルも110円、つまり、110円でタオルとシューズのセットで借りられるということになります。

レンタル類は受付横の自販機でチケットを購入します。

f:id:satsuka1:20150724050317j:plain

 

そして、その横にあるシューズコーナーでシューズを選びます。

実は、今回、皇居ランそしてこのRaffine Running Styleに潜入した目的は、購入を検討しているシューズを試してみたかったからなのです。

ここでは、NIKEのシューズがレンタル出来るということは分かっていたのですが、果たして目的のシューズがあるのか否か。先に電話で確認とも思ったのですが、どうせ帰り道だし、覗いてみようということにしました。

なので、実際は受付に声をかける前にシューズコーナーをサラッと見て、目的のシューズがあることを確認してから受付をしました。

 

そして、2サイズ履いてみてサイズを決めて、受付にチケットを渡しタオルと合わせて借りました。

 

靴を脱いで奥の更衣室に進みます。

決して広いとは言えないですが、まだ時間が早いので流石に混んではいません。

ただ、ロッカーの内側に貼ってあったシールを見ると、

<マイシューズロッカー(月極め)で、ロッカーの予約が可能に!(当日のみ)

 混雑時も待たずに更衣ロッカーが使えます。>

的なことが書いてある。

え、更衣ロッカー待ち?

ここまで来て、順番待ちして走ったりするんですね。

 

着替えを済ませ、いざ、皇居へ。

皇居までは走らずに歩きます。

歩いてるだけですが、シューズは特に違和感があったりはしません。

 

そして、皇居到着。

祝田橋のところからお堀を渡り、中に入ってストレッチ開始。

f:id:satsuka1:20150724052738j:plain

借りたシューズは、NIKE FREE FLYKNIT 3.0です。(ちょっと失礼な構図になってしまいました。申し訳ございません。)

4.0もあって一瞬迷いましたが、3.0の方がアッパーがよりFLYKNIT的だし、ソールも3.0なので当然より裸足系ということで、こちらで試してみることにしました。

 

ストレッチを終えて、ちょとだけアップのように走ってみました。

といっても、桜田門側に50mくらい行って戻って来ただけですが。

 

これまでも、ずっと、7.0とはいえ、NIKE FREEで走って来たので3.0でも違和感はありません。

 

では、いよいよスタートです。

今日は2周10kmをビルドアップで走るつもりです。

 

ところが、スタート地点から、しばらくしてペースをみると、3'50"/km!

ダメだ、少し下っているとはいえ早すぎる。

リアルの世界に呑まれてしまっているのか?

少しペースを落とす。

それでも、4'15"/km〜4'20"/kmくらいが気持ち良い。

まあ、いいや、このままイーブンくらいで行って(後半上りになるのでそこでは落ちるけど)、最後に4'00"/km切るペースに上げてフィニッシュしよう!という方向に転換しました。

 

2週しか走らないので、このペースだとどんどんリアルランナーの方たちを抜いて行きます。

皆、何週くらい走っているんだろう?

 

結局、最後まで大体このペースで、最後、桜田門に入る前からペースを上げて、残り80m(目測)くらいはダッシュ。

 

距離9.9km、タイム42'25"、平均ペース4'17"/kmでした。

f:id:satsuka1:20150724053548j:plain

 

Raffineに歩いて戻り、シャワーを浴びます。

更衣ロッカーで素っ裸になって、レンタルタオル一枚でシャワーブースに行きましたが、どうも服は着たままシャワーブースに行って着替えて戻るのがマナー的な感じでした。脱衣カゴもありましたし。失礼しました。

受付にシューズを返して(タオルは更衣室に戻すところがあります)、会員証を受け取って終了。


恐らく10年振りだと思う皇居ラン(当時はバーチャルランナーではありませんでした)、最後に走ったのは東京マラソンがまだ無かった頃だからランニング、マラソンブームが来る前でしょう。

昨日は時間が早かったせいもあるのか、まともに走れないほどランナーがいた訳でもありませんでした。途中、4、5箇所追抜きづらい状況もありましたが、全般的に快適に走れました。

そして、恐らく8〜9割方の力で走りましたが、足は大丈夫でした。


シューズは、3.0にするか4.0にするかは迷っています。

10kmでは全く不快感は無かったものの、やはりフィット感が強いFlyknit。もっと長い距離を走ることを考えると、ソックスlikeな3.0より、まだシューズっぽいアッパーの4.0の方が無難かなとも。


非常に長いルポになってしましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

また、別の所にも潜入を試みるかも知れませんので、その時は新たなルポをお届け致します。

以上、バーチャルランニングレポーター、仮走 蘭がお届けしました。

 


トライアスロンランキングへ

広告を非表示にする