読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

脳の萎縮と運動【34&33&32日前 板橋Cityマラソン】

一昨日のメニュー:休養

昨日のメニュー:Jog40min.→休養

今日のメニュー:Jog60min.

 

昨日はサボり、今朝は少し早めのペースで60分走りました。

 

昨日、ヤフーニュースでこんな記事を発見しました。

headlines.yahoo.co.jp

運動と加齢による脳の萎縮との相関関係の研究です。

平均40歳の被験者1500人にランニングマシンで心拍数が一定の値になるまで走れる時間を計測し、20年後に脳の状態をMRIで調べ、運動能力が高かったグループ(一定の心拍数になるまでの時間が長かった人?)とそうでないグループえお比較したようです。

結果、運動能力が高かった(あくまでもこの研究上の定義ですが)グループの方が脳の萎縮が少なかったということでしょう。

 

この記事から読み取っただけですが、20年前の時点での運動能力だけと関連付けてもあまり意味がないような気がしました。

20年間継続的に調査(年に1回でも)し続けたのなら、まだ、関係性を推定しても良いかもしれませんが(それにしても、他の因子が介在する割合が高いと思いますが)…。

 

でも、ランニングは、活性酸素を作ってしまう点と衝撃によるダメージという点はあるものの、うまくこれらと付き合えば、あとは良いことの方が多いと思ってます。

ということで、脳の萎縮との関連性はともかく、走ります。

▼ツイートで気軽に参加!(出来るように改良しました)「東京ハーフマラソン

東京ハーフマラソン 2016

押していただけると励みになります。


マラソン・ジョギングランキングへ