50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

東京マラソン当選通知キターッ! まであと3日【68日前 第36回つくばマラソン】

今朝は実に18日振りに走りました。

シャワーランでしたが、気持ち良く走れました。2、3km走ったところで腰の少し下というか臀部の上というか、要するに腰と尻の境目辺りに張りを感じましたが、走っているうちにいつの間にか消えていました。

元の金さんメニューはJOG60分だったのですが、大体キロ4:45〜50のペースで走っていたので10kmで切り上げて、WSを3本やっておきました。

4:15頃に家を出たので、5:10位に戻れました。子供たちも起きずに寝ていてくれて一安心。実に平和な朝ランが出来ました。

 

さて、いよいよ第11回東京マラソンの抽選結果の発表が近付いて来ました。9/16(金)以降とアナウンスがありましたが、おそらく9/16に届くでしょう。

 

今年は12倍だったでしょうか?

そんな東京マラソンに第一回から第十回まで全て連続で出場している方がいるそうです。

下記の記事を読まれた方もいらっしゃるかと思いますが、東京都議会議員の山田忠昭さんです。

headlines.yahoo.co.jp

 

ある資料によれば、第一回から十回の東京マラソンの倍率は、

3.1、5.2、7.5、8.5、9.2、9.6、10.3、10.3、10.7、11.3倍ということです。

つまり、これに全て当選し続ける確率は、

f:id:satsuka1:20160913085742p:image

iPhoneの計算機では桁表示が出来ずにeとか出て来ちゃいました。

10で割って見ると、

f:id:satsuka1:20160913085933p:image

1億1,642万3,582となりました。これの10倍だから、約11億6,423万分の1ということになります。

あくまでも、計算上の確率です。

これを実現するなんてあり得ない(11億分の1はあるんですけどね)!しかも東京都議会議員だから怪しい!と言ってしまうのは簡単ですが…。

自分もこの記事を読んだ時に、流石にちょっと怪しいな?と思い、この都議会議員さんのブログを読んでみました。

写真も掲載しているようだったので何かわかるかな?と。例えば、ゼッケンがいつも特定のブロックだったりとか…。でも、特にそんなことはありませんでした。

で、今度は記録を見てみました。少なくとも過去2回分は名前やゼッケン番号、性別、年齢などから条件検索出来るサイトが公開されていたので。

で、ここであることに気付かされました。

名前でうまくヒットしなかったので、議員としてのお名前なのかもと思い年齢で検索をしようとして、公式サイトでご年齢を確認したら、昭和23年生まれとあるので…

なんと、今年68歳になられる。

つまり、57歳から67歳までの10年間、当選されていたということですね。

東京マラソンの抽選も全部ガラガラポンで選んでいるとは考えにくく、むしろ、性別、年齢別(場合によっては予想タイム別にも)に当選枠を按分していると考えるのが普通です。

となれば、山田忠昭さんの応募されてきた年齢層は全体より当選率が高くても不思議じゃないとも考えられます。もちろん、当選枠も応募者が少ない層は少なくしてはいる(前記の按分が行われている前提で)とは思いますが、それでも有利なのではないでしょうか?

変な邪推に乗って調べようとした自分が情け無くなりました。何より、10年間ずっと走って来られたことは早々マネの出来ることではありません。

大変、失礼しました。

 

ということで、お読みくださった(かつ東京マラソンに応募されている)方が皆、当選されることを祈念して今日のブログを終わります。

 

今日のメニュー:→JOG10km+WS×3本


マラソン・ジョギングランキングへ