読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

ゴール後【第1回水戸黄門漫遊マラソン レースレポート5】

ゴール〜水戸駅

 

無事、手元のGARMINで2:58:03でゴール出来ました。

実はスタート時に号砲を聞いてすぐにGARMINのスタートボタンを押したものの、ペースが表示されないのでおかしいな?と一度停止ボタンを押してしまい(実は自分が動いていないので表示もされていなかっただけ)一瞬一時停止にしてしまったので、微妙に公式タイムとはずれていますが、秒単位なのでサブスリーは達成したはずです。

 

ゴール後、先ずアクエリアスのボトルをいただき、次に憧れの「印籠メダル」を掛けていただきました。

シューズの計測チップをとってもらった後、ビニールの袋を手渡されます。

そこから一品づつ参加賞を手渡しいただき、袋に入れて行きます。これは、すべて袋詰めされたものを渡されるより、どんなものをいただいたのか認識出来るので、ご提供くださったスポンサーさんにとっては嬉しい配布方法でしょう。

 

そのまま即時発行の記録証の受け取りになります。

一定時間後から配布開始になるのかと思っていましたが、ゴールしてそのまま受け取れるのはスムースで良いですね。

プリントアウトされた記録証を確認すると、記録はグロスで2:58:04(GARMINとは1秒のずれ)、ネットは2:57:39でした。グロスでは自分のPB、さいたま国際マラソンの2:58:22を超えましたが、ネットではさいたま国際の2:56:47を超えることが出来ませんでした。

でも、練習不足の状況の中では大満足です。

そして、記録以上に、最後まで故障を起こさずに力を出し切る走りが出来たことが何よりの収穫でした。

 

さて、記録証もいただいたので、次にやることは「この印籠が〜」の写真撮影です。

荷物を入れたロッカーに直行して荷物を出し、更衣室に向かおうとしましたが、荷物預け所の裏に水道があってちょうど着替えに良さそうなスペースを見つけたので、そこに荷物を置きました。そして、iPhoneを出して、隣で着替えをしていらした方にタイミングを見計らって撮影をお願いしました。

 

撮影も終わったので、水道で顔や腕を洗い、ボディ用の汗拭きシートで体を拭いて着替えをし、会場を後にします。

42.195kmのレースは終わりましたが、ここからまた次のレースのスタートです。

次女のバレエレッスンのお迎えという重要な任務が待っているのです。

その為に、帰りの特急も既に指定券をとってあります。つまり、その発車時刻までにホームに行かなくてはなりません。

f:id:satsuka1:20161104085046j:plain

といっても、さすがに3時間でゴールしてダッシュでないと間に合わない時間に指定券はとっていません。水戸駅13:27発の特急ひたちがお迎えに間に合う特急、かつ、3時間半でゴール(12:30)しても大丈夫、4時間(13:00)だとギリギリ乗れるか乗れないかという時間です。

3時間でゴール出来たので、駅周辺で昼食が食べられます。

ということで、とりあえず駅まで向かいます。

 

水戸駅吉祥寺シアター

 

駅のコンコースで家族にお土産を買いました。

水戸といえば納豆。ということで、子供達には2個入りのカップ(なんだかの金賞を取った、天狗納豆)と妻には黒豆納豆を買いました。

f:id:satsuka1:20161104085129j:plain

そして、まず駅ビルのレストランのラインナップを見てみましたが、あまりピンとこず、駅の会場とは反対の南口にあったCoCo壱番屋に入り、チキンカツカレー300g3辛でオーダーしました。分かってはいましたが、出てくるまでちょっと時間がかかったので、そんなに余裕がありませんでした。

でも、無事に予定の列車に乗車できました。

 

列車に乗って、車内販売のコーヒーをオーダー。これも、ちょっと旅行気分を味わいたいとささやかな楽しみにしていました。会社用にお土産も購入しました。

f:id:satsuka1:20161104085211j:plain

 

iPhoneで音楽を聴きつつコーヒーを飲み、レースの余韻に浸っていましたが、ふと気づくと電車が止まっています。

ん?上野駅まではノンストップのはずですが。

しばらくすると、車内アナウンスで何やら置き石があったようで、ストップしていると。

ええっ!遅れるとは次女のお迎えに間に合わない!

次のアナウンスを待ちながら妻に状況報告します。元々、予定では15:15に吉祥寺駅に着いて、そこから5分の吉祥寺シアターというところに15:30にレッスンが終わる次女を迎えに行く予定です。

レースで4時間以上掛かって予定の特急に乗れなかった場合は妻にお迎えをお願いすることにはなっていましたが、ゴール後に無事十分間に合うことを伝えています。

妻に第一報を入れた後、吉祥寺駅15:30着で逆算した東京駅発の中央線を調べると、15:03発で15:27着がありました。これに乗れるかどうかが次の関門になりました。

 

しばらくして、安全が確認出来たので間も無く発車出来るとのアナウンスがあり、発車後、停車していたのが18分であったこと、これから先の各駅の到着予定時刻は分かり次第アナウンスすることが告げられました。

18分、元の到着予定が14:42分ですから、そのままの遅れであれば、15:00ちょうどの到着です。東京駅の乗換え時間を考えると本当にギリギリ間に合うか否かです。

結局、その後のアナウンスで東京駅駅到着が15:00予定と告げられたので、妻には何とか間に合うとメールをし、東京駅の到着ホームの一番階段に近い出口を確認して、上野駅に着くタイミングで、移動しました。

駅に着いたら、ダッシュです。ここで走れるのか不安がありましたが、走るしかないのです。

実際に足を踏み出すと予想外に走ることができ、無事に15:03の中央線に乗り込みました。

でも、ここはゴールではありません。

吉祥寺駅に着いたら、また、走って吉祥寺シアターに向かいます。そして、何とか15:30のタイムリミット(まあ、レッスンがピッタリ終わっても着替えの時間もあるのですが)に間に合いました。

これで、本当に今日のランニングは終了です。

吉祥寺シアターに着くと、既にドアの外で待っている保護者の皆さんが、「マラソン走ってこられたんですか?凄いですね。しかも、タイムも良かったようで」と状況をご存知。しかも、タイムまで?

帰りの列車でFacebookにも投稿したので(保護者の方の一人は友達)、知られたようです。恐るべし、ママさん達の伝達力。

 

帰宅

 

次女を自転車のチャイルドシートに乗せて、自宅に向かいます。先程まで元気に話していた子供がふと静かになり、ヘルメットが自分の背中に当たりました。

午前中は次女自ら企画して友達を集めたハロウィンパーティ、昼食を挟んで普段より30分長い2時間のバレエレッスンで相当疲れたのでしょう。どうやら寝てしまったようです。頭がチャイルドシートのハンドルに当たらないように背中に回した手で支えながら、自転車を漕ぎました。

 

時系列のレポートは今回で終了です。
次回、総括だけして本当に最終回です。


マラソン・ジョギングランキングへ

広告を非表示にする