読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す新米サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

クリスマスの悲劇【42・41日前 第33回守谷ハーフマラソン】

家族・子育 ランニング
土曜日はクリスマス会(その2)を開催しました。
前の週は、次女(4)がハロウィーンに続いて親に断りなく勝手に保育園で「うちでクリスマスパーティやるからおいで」と友達を誘って企画したクリスマス会(その1)でしたが、今回は大人が友人夫婦2組を招いてのクリスマス会でした。
 
会は楽しく終わったのですが、その後、事件が起こりました。
長女(7)が部屋の中で転んで後頭部をTVボードの縁にぶつけてしまい号泣、触るとゴルフボール大の瘤が出来てしまいました。これはいかんと、すぐに近くの夜間外来対応病院に車で連れて行きました。一番怖いのが頭蓋骨内での出血です。
保冷剤を包んで濡らしたタオルでそっと冷やしながら順番を待っていると、6、7歳の男の子を連れたお母さんが待合スペースに戻って来て待っていたおばあちゃん?に「頭以外は打っていないようだった。今、CTを撮ってもらったのでその結果待ち」と説明していました。同じような状況で来たようです。ちゃんとCTを撮ってくれるようで安心しました。
娘はずっと痛がっているものの、ここまで来る車の中で「痛いけど気持ち悪いとかはない」と自分から的を射た説明をしていたので、今のところは大丈夫そうな気がしますが、やはり場所が場所だけにちゃんと検査をして安心したいところです。
名前を呼ばれて診察室に行くと、「脳外科の⚪︎⚪︎です」と幸いにも専門の先生が担当してくれました。
簡単な問診の後、CTを撮って、映像も見せてもらい、全く問題ありませんでした。
 
妻に報告した後、帰宅し夕飯を食べて就寝でしたが、左後頭部に大きな瘤があり、ちょっとでも触るとその後しばらく痛みが消えないようなので(触らなくても波のように断続的に痛みがあるようです)、右を下に横臥させ背中と壁の間に布団と枕を挟んで痛い方には寝返りをしにくい体制を作って寝かせました。
 
今朝もまだ歩くだけで響いて痛い時もあるようでしたが、吐き気や痺れ等他の症状は出ていないので、一安心です。
 
そういえば、昨日病院に向かう車の中で「明日学童行く時、黄色い帽子(瘤があって痛いから)被りたくないよ〜」と言っていました。
「明日学童…」と聞いた時に「行きたくない」というのだろうと思いましたが、あんな状況でも先のことをシミュレーションしていたとは。
普段極度の怖がりなのに、いや、むしろ怖がりだから色々先のことを考えるのでしょうか?
 
押していただけると励みになります。


マラソン・ジョギングランキングへ