読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

昨日の板橋City(走ってませんが)

昨日は多くのはてなブロガーの皆さんが板橋Cityマラソンを走られました。
お疲れ様でした。
自分は走る以前にDNSなので、あまり語るのもどうかと思いましたが、自分も同じく昨年の大会で苦しめられた一人としてちょっと思うところがあったので。
まあ、自分の場合は苦しめられたと言っても、今年の厳しさが昨年の比でないことは連続出場されているMacRun(id:MacRun)さん、nao(id:saitoh_naoki)さんの速報を見ると明らかなのですが(Lisa(id:AAA316jp)さんは記録伸ばされてます。凄い!)。
 
板橋Cityマラソンは、荒川に沿って走り中間地点で折り返す一本道の往復コースです。
川沿いのコース特有の風があり、風向きはほぼ往路が追い風、復路が向かい風という状態かと思います。
厳しくなる後半に向かい風という状況になるので、キツいですし、前半は追い風で「お、今日は調子良い?」とペースを上げてしまいがちです。
また、本来はネガティブスプリットで行きたいけど、後半が厳しい分、前半で貯金作っておいた方が良いかもという逡巡もあったりして、ペース配分もどのあたりが正解か分かりづらいコースだと思います。
 
そんな中、昨日はさらに暑さも手伝って厳しい状況に。。。
 
フラットで記録が出しやすいコース、制限時間も7時間とゆったりという触れ込みです。

f:id:satsuka1:20170320094036p:plain

確かに制限時間内の完走を目指すランナーには良いのかもしれませんが、自己ベストを狙うつもりで前述の風向きを考慮したペース配分なんかを考え出すとなかなか難しいコースなのかもしれません。

 

そして意外に河川敷と土手を登り降りする坂が曲者だったりする気もしました。

f:id:satsuka1:20170320094256p:plain

ただ、河川敷から土手に上がるだけの短いものなのですが、それだけに一気に上がってしまおうと(これは去年の自分だけ?)して、それが足に意外に負担になったり。

 

マラソン…同じ42.195kmですが、全てが違うコースだから奥深いのかもしれません。

 
押していただけると励みになります。


マラソン・ジョギングランキングへ