50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

ハーフマラソンランキングで思い出したこと

ランネットの日本ハーフマラソンランキングが発表されたという記事をいくつか拝見したので、自分も確認してみました。
守谷ハーフマラソンで50代の部で4位だったので、ちょっと期待して自分の名前、年齢を入れて検索してみました。
ところが、表示された結果は。

f:id:satsuka1:20170324052204p:plain

 あれ?

よく見ると、対象期間が2016年1月から12月でした。

f:id:satsuka1:20170324052213p:plain

自分が出た第33回守谷ハーフマラソンは、2017年の2月ですから、来年のお楽しみですね。

でも、なぜ、フルの方のマラソンランキングと対象期間がずれているのでしょう?

フルの方は3月〜4月という年度が期間になっています。

f:id:satsuka1:20170324052232p:plain

単純に作業時期が重なるのを避けたのでしょうか?

あるいは雑誌「ランナーズ」の売上やサイトのアクセスの山場を二つに分ける方が良いということでしょうか?

おそらく後者の方の理由が大きい気がします。

 

そんな憶測はさておき、ハーフマラソンで思い出したことがあります。

自分は守谷ハーフマラソンが初ハーフマラソンだと思っていましたが、実は2007年に当時の会社の後輩に「ハーフマラソンに挑戦するので一緒に出ませんか?」と誘われて出た「サンスポ千葉マリンマラソン」というのに出ていたのです。

その時の記録がランネットにもしっかり残っていました。

f:id:satsuka1:20170324054008p:plain

ほとんど練習せずに走ったにしては良い記録だな。と思ったら、さらに思い出しました。

ハーフマラソンなのですが、距離が…

f:id:satsuka1:20170324054137p:plain

18.283km!

そう、ハーフに足りていません。

なんと、大会側が当日誘導ミスで間違ったコースを走らせてしまい、こんなことになってしまいました。

後日、ハーフ換算の参考記録一覧と一緒に記録賞が送られてきたのを覚えています。

当時は今ほど真剣に走っていなかったので、そんなに憤りを覚えることはなかったように思いますが、今だったら、「少なくとも半分は返金してください」と言いたいようなことですね。

 

結局、会社の後輩のハーフマラソン完走は幻になってしまいました。

その後、彼がマラソンを走ったということを聞くことはありませんでした。

 


マラソン・ジョギングランキングへ

広告を非表示にする