50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

久々の20km

昨日の帰宅すると、妻が「申し訳ないけど明日は少し早く3時に行きます」と。
妻は自宅から自転車で5分程度のところでパン屋をやっていて、朝、店までは自分が店まで送る(自転車で並走するだけですが)のが営業日の日課になっています。
「土曜日だからいつも早いんじゃなったっけ?」というと、「いつもは3時20分だけど、ちょっとだけ早いんだ」と。
「いいよ、その分長く走るから!」
ということで、今朝は時間があったので、レースペースで20km走れました。
f:id:satsuka1:20170429163225p:image
レースペースといっても、今度走る「エア柴又」を想定したペースです。
先日買って読み始めた岩本能史氏の「完全攻略ウルトラマラソン練習帳」では100kmのウルトラマラソンのペースを持久係数F2.7という公式でフルマラソンのタイムを元に算出しています。
詳しくは書きませんが、自分の場合、今回走るのは60kmなので100kmのウルトラよりも早いペースで良いはずなのですが、初めてでもあり、故障からの回復途中ということもあるので、100kmの持久係数F2.7のペースよりほんの少し早いだけのペース、4:45/kmをターゲットに走りました。
久しぶりに長い(といっても20km)距離を走ったので、走り終わってからしばらくの間は僅かに気持ち悪い状態が続きました。血糖値が下がった時の感じです。20kmなので補給なしでもエネルギー持つはずなのですが、長時間の運動からしばらく遠ざかっていたので体内エネルギーの運用システムが効率よく働いていないのかもしれません。
 
今日のランニングは実際に「エア柴又」を走る時のコースを模索するという目的も兼ねました。
「エア柴又」はできれば河川敷を走るというゆるいルールがあります。せっかくなので全コースは無理ですが、川沿いを走るコースを入れてみようと思いっています。
今日走ったのは、なかなか気持ち良さそうなコースだったのでこれをベースにしようと思いますが、今日のコースでは20kmなので3周しなくてはなりません。でも、周回コースは精神的にちょっと辛いので、さらに延長したコースを考えたいと思います。