50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す元サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

「Number Do 君たちはどう走るか。」黒爪編

少し前に、よんでますよアザゼルさんid:kanikosen)さんの記事を読んで、会社帰りに「Number Do」を買った。

kanikosen.hatenablog.com

アザゼルさんの記事で気になったのが、2つ。

そして、設楽選手の左足先のアップ写真があるのですが、これがまた衝撃的でして...。5本の指の爪が全部死んでました(^・^) 私もレースで人差し指の爪を内出血で死なせることが時折ありますが、ダメージレベルが桁違い。

というところと、

あとは、NIKEの厚底シューズについて、金哲彦さん、東洋大学の酒井監督(私は福島出身なこともあり、密かに酒井監督のファンでもあります❤︎)らが、コメントしているのも興味深く読みました。

というところ。

 

一つ目の爪の話。

自分は左右で3本もう慢性的に爪がダメになってしまっている(1本は黒爪。2本は二重?三重?爪)のだが、一流選手でもそうなのか、一体どんな状態なのかが気になった。

果たして写真を見てみると、なんと1ページ全面に設楽選手の足が載っている。足の写真がページ全面の背景画像になっていてその上に文字が組んであったのだ。文章では爪には触れておらず、写真のキャプションとして、東京マラソン直後の写真で爪の状態が激走を物語るということが書いてある。残念ながら、この状態がレース直後だからなのか、それとも普段のトレーニング含め走り続けていると常にこういう状態なのかが分からなかった。

一流選手でさえ、常に黒爪になってるようなら自分の今の状態でも放置で良いんだと安心できる、もっと言えばランナーの勲章のようなものと考えても?と思ったのだが、冷静に考えればこういう状態になることは決して良い良いことではない。

いくつかのサイトで確認してみたところ、黒爪になる原因は細分化すればいくつもあるが、大きくは次の2つだろう。

  1. シューズが小さ過ぎて爪先が当たる。
  2. 逆に余裕のあるシューズの中で足がズレて爪先が当たる。

1の場合は、圧迫されるのが前後方向(長さ)の場合と左右方向(幅)の場合がある。注意したいのは、前後も左右も着地時にアーチが沈み込んで足の底が広がること。特に前後方向はアーチ(土踏まず)が大きいので、その分伸びているはずで、この伸び代分を考慮してシューズに爪先の余裕が必要になる。もし、こちらが黒爪の原因だとすれば、対策としてはシューズを替えるしかない。

2の場合はシューレースの締め方に問題がある場合がほとんどだろう。爪先の方をきつく締め過ぎては本末転倒なので、中間部以降をしっかり締めてフィットさせ着地時も足全体が前にズレることを防ぐことが重要だ。

自分の場合は明らかに後者の方だ。ズボラで普段走る時にきっちりシューレースを締め直したりしていない。

ということで、先日から意識してきちんとシューレースを締め直している。

これ以上の悪化は防ぐようにしたいが、果たして今の爪はちゃんと治ってくれるのだろうか?

よく、ダメになった黒爪の下に新しい爪が出来て自然に古い爪は剥がれ落ちるというのを聞くが一向にその気配はない。

二重になった爪の方(こちらは新しい爪が下に出来たということだと思うが)は、上の爪が取れずに先端の方が二重?三重?というか一体化してもう良く分からないが、とにかく分厚くなっている。段々伸びてきて、その部分をカットできると良いのだが、これもなかなか状態が変わらない。ちゃんと皮膚科に行って見てもらうべきなのだろうが、爪を剥がされたりしないかと考えると二の足を踏んでしまっていた。

が、ついに土曜日に皮膚科に相談に行ってみた(実は子供の診察のついで)。

 

先生は話を聞いてすぐに「靴は踵とここ(拇指と小指の付け根側面、一番出っ張っている部分)の3点をしっかりフィットさせないとだめです。しっかり紐を締めてやらないと。」といわれた。やはり、シューズの中で足がズレて爪先を痛めていると考えたようだ。

なかなか治らないことに関しては、爪が再生するのにはおおよそ1年位はかかるようで、それまでちゃんとこれ以上痛めないように保護していれば良いようだ。この状態だと雑菌が繁殖しやすいようで、ここから白癬菌で爪水虫になってしまうこともあるようだ。自分の場合は、その場で爪を少し採取して顕微鏡で検査してもらい感染はなかった。

爪の保護に角質を柔らかくするパスタロンソフトというクリームを処方してくれた。市販薬としてはケラチナミンが同様の効果があるらしい(あくまでも自分の診察で先生が言われたことで、全てのケースに当てはまる訳ではない)。

f:id:satsuka1:20180409084902j:image

三重になってしまっている爪は今は爪の先に方から1/3程度までが三重で、そこから根本までは普通の状態だ。普通の状態の方が新しい爪でこれが段々伸びて行けば、いずれ三重の部分は切ることが出来るというのは間違いではなかった。なかなか伸びないのは、元々一年位掛かる(加齢でもっと掛かる?)のに、爪先への刺激が断続的に続いてしまっていた(シューズのフィッティング不足が原因)からだと思われる。ここからは、ちゃんと爪先を保護するようにしたい。

因みに先生の話では三重どころか5枚になっちゃってる人もいましたよということだった。

 

二つ目の厚底シューズ。

のことも書こうと思っていたが、結構長くなってしまったので、これは他の話(一流選手たちにとってのレース中の心理とか、デフォルト・モード・ネットワークとか)も含めて改めて書こうと思う。