東京ハーフマラソン / あと57.805km

もうフルの記録更新は難しかろうと、未挑戦のウルトラに逃避する50代ランナーのブログ。

柴又、お前もか?

に書いた通り、次はウルトラに挑戦する。

 

サロマに行くお金も時間もないし、いきなり山系はtoo  muchだし、ということでチャレンジ富士五湖か柴又かという二択になってくる(のだと思う)。

チャレ富士の方が気持ち良さそうだが、移動時間も考えると近場の柴又に軍配が上がる。

僕が認識している限りでは、はてブロからも、りょうさん(id:oooka-ryo)、まっさん(id:kazz-matsumura)、びあーさん(id:beer_beer※びあーさんはエントリー様子見が出場される予定だと思う。

 

僕の場合いつも大会エントリー=クリック合戦だったので、柴又もエントリー開始と同時に申し込んでしまった。

色々な方の過去のブログ記事を確認していれば、もっと後で申し込むという判断もあったかと思うのだが。

 

新型コロナの影響による大会中止が相次ぐ中、最初は5月後半であれば収束している可能性も高いと思っていた。

ところが、先週の学校休校要請辺りから一気に状況が深刻化した感じだ。柴又も危なくなってきたなと覚悟し始めたが、昨日大会公式サイトを見てみると3/1付けで次のようなアナウンスがされていた。

f:id:satsuka1:20200304180512j:image

まだ中止確定ではなく、検討の可能性についての言及だが、参加料の一部返金や還元も視野に入れられているようだ。参加費が高いという意見もチラホラ出る大会なので、そういう判断も必要なのだろう。もし、一部返金でもするとなると判断タイミングはある程度早くなるはずだ(返金なくてもエイドの食料や水の手配前のタイミングでのジャッジは必要だ)。判断時期が早まるということは中止という判断の可能性を高くする訳だが、ギリギリまで引っ張られるより良いかもしれない。

感染予防に細心の注意を払いながらも、出来るだけ平静に過ごしたい。