読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す新米サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

無事完走! 東京ハーフマラソン

東京ハーフマラソン2015 ランニング

本日、無事「東京ハーフマラソン」完走しました。

 

朝、4時10分前に起床。

東京ハーフは、スタート時刻が早いのだ。

朝5時〜5時半頃スタートという予定通り、5:08にスタートとなった。

 

目標はフルマラソンをサブ3.5で走るペース。

 

もちろん、単純に3.5÷2ではなく、持久係数を使った算出でハーフのタイムを1としたらフルは2.2という計算で。

これだと、1時間35分27秒になる。

 

もうひとつ、設定したのは区間ごとのペース。

前半抑えて、後半ペースを上げるネガティブ・スプリットで走ること。5kmごとに区切って、少しづつペースを上げて行くことにした。

 

走ってる時に確認出来るように。

f:id:satsuka1:20150222142606j:plain

メモをハイドログローブに貼り付け。

 

さて、起きてからじっくりストレッチをして、レース用のシューズを履く。

f:id:satsuka1:20150222142530j:plain

 

外に出たら、なんと小雨が。

まあ、こればかりは仕方ない。

 

本当に軽〜くアップして、一度家に入ってタイツの上に履いていたジャージパンツを脱ぐ。

 

さて、いよいよスタートだ。

自分でスタートボタン押して走り出すだけだけど。

 

走り出しの5kmは、4'40"/kmのペースだ。

ところが、これが意外に苦しい。

これじゃ、目標クリアどころかサブ4ペースでの完走も難しいか?

 

コースは家の周りを信号で止まらなくて良い最長で設定したが、2.6kmなので8周回以上走るコース。

 

1周走ることには少し安定して、苦しさも和らいだ。

今、Garminのログを見てみると、心拍的には最初からそんなに変わっていない。

心拍はちゃんと、ペースに合わせて上がって行っている。

 

途中、靴ひもが解けて結び直すのと、腕に巻いたGarminの向きを変える時に誤ってボタンを押して一瞬一時停止してしまったという細やかなアクシデントはあったが、順調に走ることが出来た。

 

15km過ぎに少し苦しくなったので、保険で持っていたshotzを少しだけ投入。

 

あ、甘い。

ワイルドベリーフレーバーだから、もう少し甘酸っぱいのを想像していたんだけど。

 

その後も順調に予定通りのペースで走り、目標タイムを切る1時間34分56秒でゴール!

 

家まで歩いて帰って、フィニッシャー用ポンチョ、メダルを授与され表彰台に登った。

なんたって「優勝」ですから。

 

f:id:satsuka1:20150222142513j:plain

右手に持ってるのは、ご協賛いただいた「レザーウォッシュ」。自宅で革製品をジャブジャブ洗えます。

 

f:id:satsuka1:20150222142456j:plain

元は TOKYO MARATHON 2007。第1回大会です。こんなところで使えるとは。

因みに出たのはフルマラソンではなく、10kmでした。

 

おバカな写真を撮った後、すぐにシャワーを浴びて朝食。

f:id:satsuka1:20150222151740j:plain

これも協賛の「にじぱん Bread Factory」提供です。

満足。

 

ひとつだけ残念だったのは、なぜかGarminのランニングダイナミクスデータがとれていなかったこと。

心拍はちゃんととれているのになぜ?

 

これは、後で調べなくては。

押していただけると励みになります(別ウインドウで開きます)。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ