東京ハーフマラソン / あと57.805km

もうフルの記録更新は難しかろうと、未挑戦のウルトラに逃避する50代ランナーのブログ。

エア柴又とはちょっと違う「柴又100K TATTA RUN」

今日は柴又100Kの開催日だった。

もちろん中止になっている。

2018年までは「エア柴又」という個人が主催するバーチャルレース(60kmと100kmの部があった)も開催されていたが、今はもうない(多分)。

100Kを一人で走るのはコースや時間を考えて、少なからず家族や友人の協力を得ないと危険だろう。しかも、今日の東京は暑かった。

それ以前に僕は練習を積んでこなかったので(距離だけは踏んでいるがトレーニングではなくジョギングだ)、とても100kmは走れない。

 

最近中止になった大会もオンラインマラソンという形で開催するものが散見されるが、確か柴又も中止にお知らせに合わせて同様のことを検討中と書いていたような気がする。

ということで大会HPをのぞいてみると、

tokyo100k.jp

あった。

 

で、早速、エントリー。

エントリーが後になってしまったので、今朝走った分(17km)は損したなと思ったが、以前すでにTATTAGarmin Connectを連携させていたので今日の分もちゃんと記録されていた。

ただ、少し問題があった。

僕は最近走る時は2つのGarminをつけて走っている。5月の初旬に新しいGarmin(245)を手に入れたので、これまで使ってきた(920XTJ)と両方をつけて走り、データの違いを確認しているのだ。今月いっぱいは続けてデータを取ろうと思っている。

その為、Garmin Connectには1つのランで2つのデータが記録されている。重複になるので、5月末までデータをとったら一方は削除するつもりだ。

Garminと連携しているTATTAの方にも当然1つのランで2つのデータが記録されていたので、一方を消そうとして消したところ、なんと両方のデータが消えてしまった。ということで結局今日の記録はなしになった。

明日からはGarminとの連携をやめて、TATTAのアプリで直接計測しようかと思ったがそれも面倒だ。ただでさえ、今は2つのGarminのボタンを押してスタート、信号で引っかかると一時停止、再開、ゴールで停止、保存と一々2つのボタンを押しているのだ。3つは考えられない(しかもスマホだ)。

そこで同じくGarminと連携しているStravaの方は初めにGarmin Connectに記録した方のデータが優先され、その後に同時刻に記録されたデータは重複として無視されることを思い出した。であれば、StravaのデータをTATTAに連携すれば、1つのランで1つのデータになるはずだ。

とうことで、Garminとの連携は解除し、Straveの方と連携した(実際は、StravaをiPhoneのHealth Appと連携し、それをTATTAと連携する)。

Garmin→Strava→Health App→TATTA

ということになる。

なんとも遠回りだが、思った通りに記録されるだろうか?

明日のランニングでテストだ。

 

引き続きテネシー州を横断する1000kmのバーチャルレース、GVRATの方も参戦中だ。

GVRAT:222.7/1000

 

これで1000kmと100km、2つのバーチャルレースに同時参戦ということになった。

 

 

フロアポンプの修理

自転車用のフロアポンプ(空気入れ)の調子が悪くなったので、修理をすることにした。

調子が悪くなったのは最近ではなく、ロードバイクにずっと乗っていない(ポンプを使っていない)のでいつから調子が悪かったのかは分からない。最近、妻が少しずつロードバイクに乗るようになったので、気付いたのだ。

 

ポンプはSILCAというメーカーのPISTAというもので、ローディーの間では定番だ。

f:id:satsuka1:20200510174438j:image

イタリアの老舗メーカーのものだが、今はアメリカの企業に買われてしまったようだ。それでも、長く使える良いものを作るという姿勢は変わっていないようで、10年以上前に買った製品でもちゃんと部品が手に入る。。。というのは、今回修理をしようとネットで色々調べた時の情報だ。

 

分解して、先ず一番最初に劣化する部品(劣化して交換が必要になりそうな部品はこれ以外にはもう一箇所しかない)であるレザーワッシャーを確認するとやはり相当劣化していたので、Amazonで注文した。

届いた革製のワッシャーにオイルを染み込ませて取り付け、早速空気を入れてみた。一応空気は入ってはいるが、空気圧のケージがポンプを押し下げた時だけ針が振れるもののすぐに戻ってしまいこのポンプ本来の働きをしていない。

f:id:satsuka1:20200510174456j:image

口金の「ヒラメ」(このポンプ純正の口金より使い易いサードパーティの口金で、大抵の人はこれに替えているといっても良いだろう)の不具合かと調べたが、そうでもなさそうだ。

 

もう一度、交換したワッシャー以外の部分で確認すべきところがないかネットで調べると、こちらのブログで逆流防止弁のことが書かれていた。

takeaction.hatenablog.com

早速、また分解してみたが、特段の劣化はないように見えた。組み戻す前に内部を綿棒でよく掃除してから元に戻した。

すると、今度は見事にエアが入るようになった。スコッ、スコッと実に気持ちがよい。

 

ランニングの方は朝遅めに起きて10km。

今月は10日で120km走った。ずっとこのペースで走れば生涯最長記録だ。

因みにこれまでの最長記録は今年2月の321.9km。それ以前に300kmを超えた月はない。

今月頑張れているのはこれのお陰だ。

 

 

       ★

5/1-8/31でテネシー州横断1000KM

The Great Virtual Race Across Tennessee挑戦中

サマーヴィルというところを越えたところだ。

f:id:satsuka1:20200510154557p:plain

サマーヴィルってどんなところだろう?なんだか、夏の避暑地みたいな響きで軽井沢みたいなところをイメージしてしまう。

このGVRATのレース経過のマップはGoogleMapsを使っているので、右の方にペグマンが表示されている。ということはストリートビューでコースが見られる。早速現在地点を見てみると自分の位置にピンが立っている。

f:id:satsuka1:20200510155049p:plain
少し戻ってサマーヴィルの街らしいところを確認してみたが、

f:id:satsuka1:20200510155114p:plain
軽井沢ではなかった。

まあ、でもこうしてそこを走ったつもりでストリートビューでコースを眺めるはなかなか楽しめそうだ。
120.6/1000

二代目のGarmin? 2台目のGarmin。(後編)

前回の続き。

marathon.hatenablog.jp

 

故障したかと思ったGarmin ForeAthelete 920XTJが再起動でいとも呆気なく復活し、見送りとなったGarminの購入だが、もう一つ購入を考える理由があった。

 

先日久しぶりに自作のConnectIQデータ項目をアップデートしたのだが、この機会にもう少し機能追加したり別のアプリを作ったりしたいと思った。作るのが面白いからというのはもちろんだが、しばらく開発環境を使わなくなってしまうとConnectIQアプリの作り方をまた忘れてしまい、次に何かしようという時にまたもう一度操作を思い出しながらとなってしまうからという理由もある。

ということで、隙間時間でコツコツとプログラミングして行こうと思うが一つネックになるのが、僕が使っているForeAthelete 920XTJという機種だ。

レーニング、レースに使う分には申し分ないのだが、ConnectIQ対応機種の第一世代(ConnectIQ Ver.1.0。因みにForeAtheleteでいうと230,235,630,920,45が1.0、735が2.0、それ以降は3.0だ)の為、これに対応するアプリを作るのは制限が多いのだ。

そこで、ConnectIQ Ver.3.0の機種をテスト機を兼ねて購入することを考えてみた。

それなら中古で探すのはどうだろう?と、メルカリとヤフオクでめぼしいものはないかと探してみた。

 

CIQ3.0で比較的安価に手に入りそうなのはvivoactive3だったのだが、トレーニング画面の数など実際のランニングでも使うことを考えるとForeAthelete245の方が欲しくなってしまった。日本ではForeAtheleteだが、本国(というか日本以外?)ではForerunnerというくらいだ。断捨離で色々なものを売ったのもあって、vivo3より高いがFA245を探すことにした。

ヤフオクで、比較的安価ながら未使用品(箱の角が少し潰れているだけのようだ)を見つけ自分で上限と決めた価格を自動入札でオークション終了の10分ちょっと前に入れた。そして、そのまま入札額の更新がされずに落札できた。

深夜の落札だったが、翌々日には手元に届いた。

f:id:satsuka1:20200506143232j:image

f:id:satsuka1:20200506143248j:image

ここが唯一のダメージ。 

f:id:satsuka1:20200506143304j:image

思っていたより小さい。

そして、軽い。

920を買った時に記事に「軽い」という印象を書いていたが、一体何と比較して感じたのだろう?920に慣れた僕にとっては、245はとても軽い。

その日は充電とセットアップ、ウォッチフェイスのインストールまでしておいた。

 

翌朝、早速245を付けて走ってみる。

せっかくなので、920と両方つけてデータを比較してみることにした。

f:id:satsuka1:20200506143321j:image

特に検証したいのは920とペアリングしている心拍計(胸バンドの電気式)と245の手首の光学式心拍計の差だ。

電気式は心拍の際に発生する微弱な電流を感知して計測する(=実際の拍動を捉えている)が、手首の光学式は緑の光を手首に当てて血液中のヘモグロビンに吸収されずに反射する量(ヘモグロビンは緑の光を吸収する率が高い)を測っている。心臓が収縮すると血中のヘモグロビンが増え、拡張すると減る。これで拍動を捉えるのが光学式で、計測を阻む要素が多く(汗、振動、手首との隙間等)、精度はどうしても電気式の方が高くなる。

これがどれ位の差として出てくるのかを確認し、把握しておきたかったのだ。

www.garmin.co.jp

 上の写真では左腕に両方をつけているが、これだと腕を振る度にGarmin同士がガチガチぶつかってしまうので920は右手に移した。

 

実際に走ってみると、心拍だけでなく距離も思ったより差が出てしまうことが分かった。17.01km走って0.11km差が出た。約0.647%だ(距離が伸びれば差は累積でさらに大きくなる?ので割合に意味はないが)。

左が245、右が920の計測だ。

245の方が距離を長く計測している。ただし、どちらが正確とも判断はできない。

f:id:satsuka1:20200506133301p:plain

f:id:satsuka1:20200506133350p:plain

ボタンは同時に押せないので、スタートとゴールそれに途中の信号待ちの一時停止と再開では920→245の順に押している。

あとで気がついたが、245のGPSの設定がGPSGPS+みちびき)になっていたが、920はそれにGLONASSも入っていた。そこで翌日からは245もGLONASSを加えた設定にして走ってみたが、今度は逆に920が距離を長く計測し、その翌日(今朝)はまた245が長く計測するという結果になった。

民生品のGPSによる距離計測はそれ位の誤差があるものと思っておくことにした。

 

さて、比較検討の主題である心拍だが、次のような結果になった。

グラフ表示で重ねてみた。上が5/7、下が5/8のデータだ。

f:id:satsuka1:20200507125003p:plain

f:id:satsuka1:20200507125028p:plain

平均心拍で初日は7bps、2日目は22bps、最大心拍で初日は17bps、2日目は33bps光学式の方が高く出た。グラフ化していないが3日目は平均で7bps光学式が高く、最大では1bps電気式の方が高かった。

3日とも差がほぼ同じであれば良いのだが、ばらつきがあるのでまだ評価しにくい。

当面は、2本をつけて走ることにしてみよう。

 

       ★

5/1-8/31でテネシー州横断1000KM

The Great Virtual Race Across Tennessee挑戦中

オークランドを越えたところだ。

f:id:satsuka1:20200508220034p:plain
 

106.01/1000