50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

Summer Camp 2016 Vol.1

週末は長女の同級生家族(保育園から一緒です)とキャンプに行って来ました。
東京都三鷹市に住む我々からすると、近場になる神奈川県の藤野にある「藤野サイレントリバー」というキャンプ場です。
 
土曜日の朝に出発しましたが、前日に渋滞情報を確認すると6:00〜13:00の渋滞予測されているエリアに我々のルートがすっぽりとハマっています。通常30分のところ2時間と。
ということで、5:15集合で行くことにしました。我が家は早朝出発は苦ではないのですが、後で聞いたら先方は金曜日ご主人が仕事から帰って準備をしたので結局寝たのは3:00だったようです。起きられないといけないのでリビングで仮眠しただけということでした。申し訳なかったです。
 
我が家は、前日、まだ準備を少し残しながら寝たので起床は4時前位でした。
ある程度仕度が進んだので、そろそろ車に荷物を積み込もうと思ったら、前面の道路に車が止まっていてどう切り返しても自分の車が出せません。
え?!これじゃあ出発出来ないぞ。午前4時過ぎなので、ロングホーンを鳴らす訳にも行かずレッカー移動とかこんな時間に対応してくれるのか?などと考え始めたところ、無事持ち主が現れました。
何とバッテリー上がりで動けずにいたとのことでした。困って、近くのガソリンスタンドに援護を求めに行っていたようです。
結局、ブースターケーブル繋いででエンジンを回してあげて無事出発出来ました。
 
大した渋滞にも嵌らず、相模湖インターを降りましたが、今度は逆に時間がありすぎて困りました。
近くの相模湖公園の駐車場が開くのが8:30、まだ2時間以上ありしたが、少し離れたところに無料駐車場を見つけてそこに駐車して、公園でゆっくり。自分はここでほんのちょびっとだけJogをしました。
 
キャンプ場は「サイレントリバー」という名の通り、すぐに川に下りて遊べるサイトで2家族には充分なスペースも割り当てられていて快適でした。
 
早速、テントとタープを張って設営。
f:id:satsuka1:20160808084123j:image
f:id:satsuka1:20160808084229j:image
おニューのsnow peakのヘキサです!
が、これはうちのではなく同級生一家のもの。
Lサイズなので一張りで充分ということで我が家はなしです(お世話になりました)。
 
我が家のおニューは、ファイヤグリル。
f:id:satsuka1:20160808084645j:image
BBQコンロとして使えるので、良いです。
 
あと、一緒に買った炭起こし用のコイツが良かったです。
本当に苦労せずに炭に火が起こせます。
 
キャンプというと、どうしてもお父さん達の物欲が上がります。
キャンプ場で色々な物を見てしまいますし、二家族以上で行くことが多いことも影響していると思います。
そういえば、去年のキャンプの時にもそんなキャンプの物欲について書いていました。
 
設営も一段落したので、川に遊びに行っている子供達の様子を見に行きました。
f:id:satsuka1:20160808124931j:image
流れが緩やかな分、水の透明度は高くありません。
それでも、子供達は元気に入って遊んでいました。
f:id:satsuka1:20160808125138j:image
ところが、この後、奥の二人が自力で戻って来れない状況になりつつあり、早目に迷わず回収した方が良いと判断し、服のまま泳いで行って救出しました。ちょっと冷たかった予定外のスイムでした。
 
この日は結局朝公園でちょびっと走っただけでした。
 
翌日は去年のキャンプの時のように早起きして走ろうと思っていましたが、起きられず。
実は県道からこのキャンプ場への道が“もんのすんごい”激坂になっていて、しかもちょっと距離があるので坂ダッシュには最適だった(いや、ダッシュというスピードは無理です)のですが、走りそびれました。一回でもやっておけば良かった。
f:id:satsuka1:20160808133433j:image
f:id:satsuka1:20160808133449j:image
写真だとあまり凄く見ないんですよね。
 
家に帰ってからも疲れて走らずでした。
というか夕食時にビール飲んでしまいました。
 
今朝は7.6kmだけJog。最後の方だけレースペースからダッシュで締めました。
明日走れれば、それが「八ヶ岳エコーハーフ」前の最後のトレーニングになりそうな感じです。
 


マラソン・ジョギングランキングへ

広告を非表示にする