東京ハーフマラソン / 一からやり直し!

マラソン復帰を目指す50代ランナーのブログ

スカイウォーカーの夜明けラン(ネタバレなし)

今日、12/20は「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の日米同時公開日だ。

しかし、よくあることだが今回もそれより一足先に先行上映というものがあった。日本では12/19に北海道、東京、愛知、大阪、福岡の5館でのみの上映だ。東京はTOHOシネマズ六本木ヒルズ、12/13から予約開始だった。東京でこの1館だけなのでかなり希望者が集中しクリック合戦になることは必至だ。しかも、この先行上映は18:30からなので、余程スムースに仕事を終えてダッシュで映画館に向かってギリギリ間に合うという時間だ。予約購入するのは正直危険過ぎる。ところが、劇場のサイトを見ると、18:30の後に24:00、24:30、25:00の上映もあった(24:00以降は12/20なので正確には先行ではないが)。最初から24:00の回を狙って予約購入しよう。いや、待てよ24:00からの上映では終わった時には終電も終わっているはずだ。流石にタクシー代まで出して観るほどではないし、かといって終演後時間を潰して始発で帰宅というのも避けたい。先行上映は諦めよう。別に前日や初日でなくたって良い、それが真っ当な考えというものだ。

 

ところが、ふと思いついてGoogle Maps六本木ヒルズを行き先に現在地(自宅近くにいた)から徒歩での経路経路をしてみた。なんと、結構単純なルートで15km程度だ。走って帰れば良いんじゃないか!信号待ちも含めキロ6分で走ったとしても90分だ。

ということでクリック合戦を制し(希望の24:00のドルビーアトモス上映は取れず、24:30の通常上映になったが)、席を確保した。

 

そして当日(昨日12/19)、行きは電車で帰りがランニング、帰宅のルートに近い駅まで自転車で行き、帰宅を少しでも早くして睡眠時間を確保することにした。そういう意味では六本木まで自転車で行って帰ってくればもっと早く戻れるが、自転車を駐められる場所も検討がつかないし汗ばんだ状態で鑑賞するのも嫌だった。いや、思いついてしまった帰宅ランというイベントの方が楽しそうだったという方が理由としては大きいだろう。

 

映画の方は密度が高いというか展開スピードが速く、もう一度じっくり観たいと思った。

映画が終わっていよいよ帰宅(決してこちらが主ではないのだが)だが、その前に一つ大きな誤算があったことを書いておく必要がある。

当初24:00上映開始を前提に購入を決めたが、取れた予約は24:30だ(もちろん購入前に30分なら後ろに倒しても良いだろうと思って買った)。2時間22分の上映だから3時には六本木をスタート出来、遅くても4時半には帰宅出来るという見積もりだった。

ところが、24:20頃(だったと思う)から始った広告や予告編が24:30を回っても一向に終わらない。結構本編がスタートしたのは25時近かったのではないだろうか。30分押しだと帰宅は5時になるので寝られるのは30分か。

エンドロールを観ながら、すぐに出られるよう準備をして終わったら直ぐに立ち上がった。

劇場を出てシューズの紐を締め直していざ出発。流石に全く走っていなかったので身体が重い。帰宅所要時間をキロ6分で計算したが、最初の方は結構大きな通りを横断する箇所で信号に引っかかってロスが大きかった。それでも途中から信号待ちは減ってゆっくりではあるものの安定したペースで走れるようになってきた。

最終的に家に着いたのは4:45頃。冬なので「夜明け」にはなっていなかった。

f:id:satsuka1:20191220185852j:image

 

 

超絶ビッグシティでの宴 Dedicated to ...

今朝はつくばの後初めて走った。

でも、1kmちょっとという。

 

ラソン大会後の恒例

っても、まだ二回目だが近所の天神にお礼参りラン。

大会前の最後のランでお願いして

終わったらお礼という

流行りの(当社比)ルーティン。

 

「お願い」って書いたけど

神社はお願いじゃなくて、目標を誓うところらしい。

神に誓うことで目標に向かって全力で取り組むということ

らしい。

神道に限らず宗教は「神的なもの」を意識することで

何か影響が出るのであれば

それそはそれで「神的なもの」があるともいえる

というのがサツカ(特定の信仰なし)の信仰に関する解釈(?)で。

そういう意味では、神頼みじゃなくて神誓いっていうのは

より本質に近いと思った次第。

そうか、アレはお願いしたんじゃなくて

目標を誓っていたのか。

それはそれで納得。

 

っていう話は余談で、

いや、こっちが余談なのか、超絶ビッグシティでの宴の件。

サツカは4歳から38歳(たぶん)まで、超絶ビッグシティの

すみっこで暮らしていた。

↑いや、流行りは意識してない、偶然)。

市外局番「東京03」が自慢だった。

一応説明しておくと、超絶ビッグシティは電話局なんて

無粋なものは持たないから隣の区の…まあ、いい。

 

で、宴だ。

多分、中学校の同窓会。

何で「多分」かというと、元の連絡がそうだったから

f:id:satsuka1:20191130112310p:image

「中学?」と。

まあ、地元の公立なので

小学も中学もメンツはほぼ一緒な訳で。

 

同窓会だからといって別に地元開催でなくても良いと思うのだが、

幹事でもなく参加するだけのサツカには何も言う資格が無いのは自明。

そいうえば、前回(2年前?)も隣の市で開催だった。

でも、行ってみたら懐かしくて、

なら良いのだが、駅周りとか変わり過ぎて「ここどこ?」。

 

宴の中身はランナー飲みじゃないので、どうでもいい。

ここで晒すものでもないって言う意味で。

 

ここまで引っ張って最後に超絶ビッグシティが狛江じゃなかったら、

それなりに落ちるんだろうが

残念ながら狛江だっていう。

 

 

こんな超絶辺境ブログをご本人がご覧になることはあるまいが、

万一、人伝にお耳に入った場合を想定して謝っておきます。

ご面識もないのに(二度ほどお姿は拝見しておりますが)勝手なことで失礼しました。