50/50(「バーチャルマラソンランナーの走行記」改題)

50代でサブ50を目指す一応サブスリーランナーのブログ。達成確率は50/50(フィフティ・フィフティ)?

ゴール後〜後日譚【さいたま国際マラソン レポート6】

<前回>

最後の折り返し〜ゴール【さいたま国際マラソン レポート5】 - バーチャルマラソンランナーの走行記 お供はGarmin(「東京ハーフマラソン」改題)

 

ゴール後、スポーツドリンクを受け取って、オールスポーツの写真を撮ってもらい、アリーナの中に入って行く。

自分もそうなのだが、周りの参加者の方も俯きながらゆっくりと歩く。まるで、ゾンビ映画のエキストラになったかのようだ。

ゴールしたんだから、もう少し明るい感じで良いんじゃないかと思ったが、かく言う自分もなぜか俯き加減。力を出し切ったということなのだろうか。

 

アリーナ内に入ると完走メダルとタオルを首に掛けてくれる。(そういえば、今回、完走率が低かったようだが、余ったメダルってどうするんだろう。「はい、残ったからスタッフで欲しい人持っていってね〜」という訳にも行かないだろう。こういうのも作る時、歩留まり=完走率を読んで発注するのだろうか?)

 

続いて、シューズから計測チップを外すが、これもボランティアの方がやってくれる。確かに、今の足の状態でしゃがんで外すのは結構辛いので助かる。

 

そういえば、大会前、ナンバー引き換え証等がなかなか届かず、当日の運営がスムースに行くのだろうかと危ぶんだが、当日の大会運営自体は至ってスムースだったし、こうしたホスピタリティも嬉しい。

 

自分の荷物を置いた座席に戻り、先ずはトイレに行って、顔や腕を洗うことにする。

あれ?そういえば、いつの間にか尿意があったことを忘れていた。

 

トイレで用を済ませて、顔や手を洗おうと洗面台に向かって、鏡に映った自分の顔を見て驚いた。

 

何じゃこりゃ?松田優作風)

 

顔の左右の額から顎にかけて白くなってる。

塩だ。

しかし、こんなに出るものか?

それだけナトリウムが失われたとううことか、給水はしっかりスポーツドリンクを摂らないとダメだなと再認識。

顔を洗って、手、腕も洗って、席に戻る。

どうせなら、着替え一式を持って来るんだった。更衣室(コンコースの一方の壁面に沿ってパーテーション立てたスペース)はトイレと同じ2Fなので、また、階段を下りて着替えを持って2Fに上がって着替えて下りるという無駄な動きになってしまった。

一応、北野マラソンTシャツに着替えた。

 

次に貴重品を取りに行く。

Cブロックは、まだあまり戻って来ていないので、並ばずに受け取れた。

席に戻って、残っていたMEDALIST AMINO DIRECTを摂取する。

貴重品として預けていたスマホの電源を入れると、奥様からメッセージが届いていた。

f:id:satsuka1:20151120205025j:plain

応援ナビとランナーズアップデートのURLとゼッケンナンバーを伝えておいたので、確認してくれていたようだ。

返信してから、自分もランナーズアップデートでタイムを確認し、キャプチャと自分のGARMINの画面を撮影したものと合わせてブログに速報を投稿。さらに、それをFacebookにもシェア。

 

スポーツドリンクを飲んで、荷物をまとめて、しばらく、席で休んだ。

 

昼食を食べて帰りたいが、さいたま新都心駅付近はランナーで混みそうなので、帰りのどこかで途中下車して食べることにした。

 

東北本線で赤羽まで行き、そこで埼京線に乗り換える。埼京線で新宿まで行く予定だったが、車内で気分が悪くなり、池袋で途中下車。

ホームのベンチに座って、残っていたshotzを補給。

おそらく血糖値が下がって気分が悪くなったのだ。補給が足りていなかったようだ。

しばらく休むとなんとか復活した。

 

家に帰ると、お子様たちが玄関に走ってきて、メダルをくれた。

f:id:satsuka1:20151120205053j:plain

そして、バーチャルマラソンで使ってる表彰台も用意してくれていた。

f:id:satsuka1:20151120205235j:plain

ありがとう。

 

本当は終わったら、帰りにスパークリングワインでも買って飲もうと思っていたが、そんな気も起こらず、この日は夕食後、寝たのだった。

 

翌日、風呂に入った時にレース終盤で豆ができたように痛くなった足の裏を見てみると、拇指球のところが縦長に赤くなっていた。

f:id:satsuka1:20151120205922j:plain

 

あと、レース後に鏡を見て驚いた顔の塩だが、後日、ひょっとすると塩ではなく、20km手前でMEDALISTの顆粒を飲もうとして失敗した時に、顔に付いてしまったものではないかという説が浮上してきた。

塩か?アミノ酸か?あるいは双方か? 答えはもう分からない。

 

次回、総括でさいたま国際マラソン レポートは終了予定。


マラソン・ジョギングランキングへ

広告を非表示にする