東京ハーフマラソン / あと57.805km

もうフルの記録更新は難しかろうと、未挑戦のウルトラに逃避する50代ランナーのブログ。

ナイキ リアクト インフィニティ ランで怪我ゼロを目指す 使用レポート(1)

 

購入まで

先週の金曜日朝のランニング後、明らかに足底筋膜炎の症状と思われる痛みが出たので昨日までの11日間ランニングを休んだ。

痛みが出た一因には1700km以上使い続けたシューズの影響もあるかと思い、見た目ではまだ行けそうだと思いつつ新しいシューズを購入することにした。

marathon.hatenablog.jp

痛みが出たのが原因で購入するのだから、次のシューズは出来るだけ足に優しいものにしたかった。

決して今のシューズ(asicsのGT-2000)が悪い訳ではなく、単に使い過ぎただった。その性能には充分満足していたので同じ物でも良かったのだが、型落ちを探してもあまり安くなっているもは見つからなかった(あってもサイズが限られる)。

もう一つ気になっていたのが、「故障ゼロを目指す」と謳ったNIKEのリアクト インフィニティ ランだった。

www.nike.com

上の商品ページやいろんな方のインプレッションを読むとクッションが柔らか過ぎるのではないかという懸念はあったが、そもそもスピード練習は別のシューズを使うので、JOGやロングのランニング用としてはそれでも良い気がした。今使っているGT-2000だって、スピードを求めるシューズではない(フルマラソン完走を目指す位のポジショニングかと思う)。僕としては普段この重いシューズでし、レースの時にレースシューズの軽さをより実感できればという思惑もあって使っていたのだ。買った時の記事を読むと実測318gだ(ふと思い立って1700km走った後の重さを測ってみると306gだった)。

Nikeのリアクト インフィニティ ランはカタログ値で291g(28cm)なので、幾分軽くなるが、レースシューズ(ヴェイパーなら191g(27cm)、アルファなら210g(26.5cm))との差はそこそこあるので良しとしよう。

 

ということでリアクトを購入することにした。NIKE.COMで確認するとリアクト インフィニティ ランはおそらくまだ第一弾(まだ1年経っていないと思う)からモデルチェンジはされておらず、カラーバリエーションが短いサイクルで発売されているという状態のようだ。

初めの方に発売されたと思われるカラー3色は少し安くなっていたので、その中から選んで買うことにした。

 

届いたのがこれだ。

f:id:satsuka1:20200722102223j:image

f:id:satsuka1:20200722102241j:image

いや、違う。これは娘のだ。

 

f:id:satsuka1:20200720212554j:image

f:id:satsuka1:20200722072911j:image

f:id:satsuka1:20200722072922j:image

クリムゾンレッド。

赤いシューズを履くのはおそらく人生初だ。

因みに重さは実測値で264gだった。

f:id:satsuka1:20200720231507j:image

 

実際の使用感

そして今朝、ゆっくり目のJOGで9kmほど走ってみた。

商品サイトで紹介されている3つの特徴ごとに使用感を書いておこう。

 

「増加したミッドソールのリアクト素材」

リアクト素材は柔らかさと同時に反発力があり、軽量なのに耐久性に優れているというランニングにとって今まで実現が不可能だと思われていた理想的なクッション素材。リアクト インフィニティは前モデルのエピック リアクトの時よりも、リアクトの素材を24%増やすことで、ランナーが求める柔らかなクッションを実現している。

初めてヴェイパーフライを履いた時のようなソフトな着地感を想像していたのだが、それは全くと言っていいほど感じなかった。今まで履いていたGT-2000のソールの減りをみるとよく分かるが、フォアフット着地で走っているので踵着地よりもソールのクッションを感じにくいのかも知れない。

f:id:satsuka1:20200722074417j:image

そう思って改めてインフィニティを確認してみたが、前足部のミッドソールも十分な厚さがある。必要以上に柔らかくないということだと解釈しておこう。

f:id:satsuka1:20200722150504j:image

 

横ぶれを防ぐ安定性

ミッドソールの幅を広げたことにより、着地から蹴り出しまでのプロネーションを制御し、安定した体重移動を可能にした。

安定感はあるのだとと思う。微妙な書き方だが、安定感があるというより不安定さを感じることはないという方が正確だ。シューズの重量がそこまでないので安定感を感じにくいのではないだろうか?少なくとも横ぶれをするようなことは無かった。

 

ロッキング チェアのようなソール

ソール形状がロッキングチェアのようになっており、着地から爪先で蹴り出すまでのスムーズな足運びを実現した。体重を微かに前に傾けさせ、かかとから中足部、そして前足部への体重移動を促し、ランナーに自然な推進力を与えてくれる。

これについては、リアクト素材のところに書いたように僕がフォアフット着地で走っているので、「かかとから中足部、そして前足部への体重移動」を促す「推進力」は得られなかった。試しに踵から着地して走ってみたが、踵のクッションは感じるもののロッキングチェア形状で自然に前に運ばれる感覚は得られなかった。即席で試したのでちゃんとしたフォームになっていなかった可能性は高い。踵着地の適切なフォームで走ればこの形状の恩恵を受けられるのかも知れない。

 

その他感じたこと

踵のホールドが少し甘いというところ。

シューズ全体のサイズは合っているのだが、走ってみると踵の部分の密着感がない。これは僕の足の形状によるものかも知れないが、他のシューズでは感じたことがなかったので、シューズの形状によるところも無くはないだろう。ヴェイパーやアルファの内側に付いているようなものがあると良くなる気がした。

f:id:satsuka1:20200722150540j:image

今度自分でスポンジでも挟んで走ってみようかと思う。今のままでも走るのに支障があるレベルではないのだが、こういう小さな違和感も出来るなら解決しておいた方が長く履き続ける(ただし1700kmも走らない!)ことを考えると良いだろう。違和感をカバーする為にフォームが崩れたり、別なところに余計な力が加わり続けるようなことが無いようにしたい。

 

最も重要な「怪我ゼロ」

僕がこのシューズに期待するのは最終的にはこの点だ。

極端な話、推進力は無くても良い。レースシューズではないので、フォームや筋力で自分の推進力を上げることこそ必要なのだから*1

今日は9kmしか走っていないのでまだ何とも言えないが、少なくとも先々週の金曜日に走った後に生じた痛みは今のところ現れていない。これから走る距離を伸ばしながら日々コンスタントにランニングを継続した時に、このシューズの真の価値が判断出来るはずだ。

しばらく使ってみた後、改めて使用レポートを書いてみたいと思う。 

 

*1:推進を妨げずにスムースに運ぶという意味では怪我防止には重要な要素だが、推進「力」までは求めない。